ニュースリリース

ホーム > 新着情報/プレスリリース > 2015年 プレスリリース

報道関係者各位

2015年4月14日

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

(コンシューマー カンパニー、メディカル カンパニー、ビジョンケア カンパニー)
ヤンセンファーマ株式会社

ジョンソン・エンド・ジョンソングループとTOMODACHIイニシアチブによる
日米次世代リーダー育成プログラム

「TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム」
参加者8名決定!


日本のジョンソン・エンド・ジョンソングループ*1(本社:東京都千代田区、以下ジョンソン・エンド・ジョンソン)は、TOMODACHIイニシアチブ*2(以下「TOMODACHI」)とのパートナーシップにより企画・運営する「TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム」の参加者8名が決定したことをお知らせします。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、世界共通の行動規範「我が信条(Our Credo)」に掲げる地域社会に対する責任の取り組みの1つとして、米日カウンシルと東京の米国大使館が主導する官民パートナーシップ「TOMODACHIイニシアチブ」の教育支援を通じた被災地復興支援に賛同し、2015年から2017年までの3年間にわたり、東北の災害医療や看護を専攻する看護師の能力育成を図る『TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム』の実施を支援しています。

本プログラムは、東北の災害医療を専攻する看護師の能力育成とリーダーシップの構築を図ることを目的に企画されたプログラムで、①米国でのスタディツアー事前準備、②スタディツアー、③スタディツアー後のシンポジウム開催、という主に3つの活動構成となっています。米国でのスタディツアー事前準備では、米国で災害医療や看護に携わる専門家が来日し、海外の最新事情について講演するほか、参加者に対して米国で行われるスタディツアーのためのセミナーや事前準備をサポートします。スタディツアーの参加者は、2015年8月から2週間にわたり、ニューヨークとワシントンD.C.にある災害医療や看護を専門とする施設や団体、そしてトータルヘルスケアカンパニーとして様々な活動の実績を有するジョンソン・エンド・ジョンソンのグローバル本社(米国ニュージャージー州ニューブランズウィック)を訪問し、災害医療の看護師や専門家と交流します。スタディツアーからの帰国後は、東北地方を中心に国内で複数回のシンポジウムを開催し、参加者が、看護学生や災害医療や看護に関心の高い人たちに対して、今回のプログラムで学んだことを共有し、日本国内の災害医療や看護の更なる発展を目指します。

第一回となる今回は、宮城県から選ばれた日本人の看護学生のうち、厳正なる審査の上、8名が参加者として選出されました。


J&J災害看護研修プログラム 参加看護学生紹介

岩渕阿椰茄
(いわぶち あやな)さん 20歳
所属:石巻赤十字看護専門学校 2年
地域:宮城県石巻市

小野寺奈央
(おのでら なお)さん 19歳
所属:気仙沼市立病院附属看護専門学校 2年
地域:宮城県気仙沼市

佐藤美輝子
(さとう みきこ)さん 24歳
所属:宮城大学看護学部看護学科4年
地域:宮城県仙台市

菅原麻里菜
(すがわら まりな)さん 20歳
所属:仙台青葉学院短期大学3年
地域:宮城県仙台市

藤沢爽風
(ふじさわ そよか)さん 21歳
所属:宮城大学看護学部看護学科4年
地域:宮城県仙台市

星いくみ
(ほし いくみ)さん 19歳
所属:仙台徳州看護専門学校
地域:宮城県仙台市

三浦万里
(みうら まり)さん 20歳
所属:国立病院機構仙台医療センター附属仙台看護助産学校
地域:宮城県仙台市

宮川菜津美
(みやかわ なつみ)さん 19歳
所属:石巻赤十字看護専門学科2年
地域:宮城県石巻市


詳細資料

本件に関するお問い合わせ先

報道関係者 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
コンシューマー カンパニー コミュニケーションズ&パブリックアフェアーズ
担当:佐藤 TEL:03-4411-7188
メディカル カンパニー コミュニケーション & パブリックアフェアーズ
担当:居内 TEL:03-4411-7155

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017