Johnson & Johnson

人工膝関節

みんなが気になるよくある質問

患者さんがよく抱く気になる質問にお答えします。

Q1 人工膝関節はどうやって入れるの?

人工膝関節に置き換える手術とは、どのようなものでしょうか?

虫歯を例にとると、小さな虫歯はそこを削って詰め物をするくらいでよいのですが、大きな虫歯は差し歯にしたり入れ歯にしたりする必要があるのと同じです。障害のある膝関節を人工膝関節に替え痛みを取り除くのです。

人工膝関節置換術の手順

1. 麻酔
手術は全身麻酔、硬膜外麻酔、腰椎麻酔、またはそれらの組み合わせで行われます。

2. 切開
通常、膝の前面またはやや内側よりを縦に切開します。

3. 形を整える
関節の中の変化をよく観察した後、人工関節専用の器械を使って大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)の表面を人工関節の形に合わせて削り取ります。人工関節の形は様々な種類があり、骨の形状や周りの靱帯などの状態によって適切なものを選択します。膝蓋骨(しつがいこつ)は、人工関節に取り替える場合と取り替えない場合があり、取り替える場合は専用の器械を使って膝蓋骨(しつがいこつ)の表面も削り取ります。

4. トライアルを合わせる
入れる人工関節と同じ形をした“トライアル”と呼ばれる部品を合わせてみます。正しく骨が削れていることが確認できたら、いよいよ本物の人工関節を入れます。

5. 人工関節を骨に固定する
骨セメントを用いる固定方法とセメントレス(セメントを使用しない)固定方法があります。人工関節がしっかり固定できたら、膝がちゃんと動くこと、ぐらぐらしないことを確認します。

6. 手術終了
関節内をよく洗ってから傷を閉じます。通常は手術の後の出血が関節の中に溜まらないように細いチューブを入れておきます。傷にガーゼをあてて包帯を巻いて手術は終了。麻酔がある程度覚めて、全身状態が落ち着いたら病室に帰ります。

Q2 膝関節が変形したら手術するの?

膝関節が変形してしまったら、かならず手術を受ける必要があるのでしょうか?

いくらレントゲンでひどい変形があっても、痛みがあまりなく、日常生活に支障がなければ手術は必要ありません。人工膝関節の手術は、痛みをとることが一番の目的です。また、逆に強い痛みがあっても関節全体の変形によるものでなく、炎症などによる一過性のもので薬や注射で良くなる場合もあります。

レントゲンなどで著しい変形を認め、しかもこの変形が日常生活での強い痛みの原因となっている場合に、人工膝関節の手術が必要になります。

Q3 人工膝関節って、一生入れたまま?

人工膝関節を入れたら、ずっとそのままなのでしょうか?

人工膝関節の耐用年数は、一般的には15~20年程度と言われています。人工膝関節を一生もたせるには、一般的には平均寿命から考え60~65歳以上の患者さんが対象になります。

Q4 人工膝関節の手術はどんな人が受けている?

人工膝関節の手術を受けるのは変形性膝関節症と関節リウマチの患者さんが多いのですか?

人工膝関節の手術を行う患者さんのうち、変形性膝関節症と関節リウマチの患者さんが全体の90%以上を占めています。男性よりも女性に多く見られます。

ワンポイントアドバイス

最近は、従来よりも小さな切開で手術を行う方法(最小侵襲手術法)を導入している病院もあります。
小さい切開で手術した場合、関節や筋肉に対する侵襲が小さくなることから、創や筋肉の回復が早くなることが期待できます。また、リハビリテーションを早期に実施することができるため、入院期間の短縮も期待されます。
しかし、すべての方に最小侵襲手術法が適用できるわけではなく、従来どおりの切開を行い、手術野を十分に確保して手術した方が良い症例もあります。
どちらの方法が適しているかは、担当医にご相談下さい。

人工膝関節について、こんな情報も参考にしてみてください。

股関節の病気や、「人工股関節」が必要となるケースなどについて解説しています。

皮膚のしくみと、傷あとを目立ちにくくする治療法について解説しています。

手術を行った部位に発生する感染症「SSI(手術部位感染)」について解説しています。

人工膝関節についてもっと知りたい方へ…

みなさんの不安を少しでも取り除くために、人工膝関節手術はどのような手術なのかをできるだけ詳細に分かりやすく説明しています。