ニュースリリース

ホーム > 新着情報/プレスリリース > 2015年 プレスリリース

報道関係者各位

2015年7月14日

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

コンシューマー カンパニー

赤ちゃんの五感をはぐくむ「バス育」を楽しもう!
「我が家のバス育」 フォト&シェアコンテスト開催のお知らせ
応募期間2015年7月13日(月)〜2015年12月25日(月)


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役プレジデント:マリオ・スタイン)が販売するベビースキンケアブランド「ジョンソン®ベビー」は、「バス育」をテーマに赤ちゃんの入浴や保湿の時間を撮影した写真を募集する「我が家のバス育」フォト&シェアコンテストを、2015年7月13日(月)より開催いたします。

「ジョンソン®ベビー」が掲げる「バス育」は、毎日のバスタイムからはじまるスキンケア習慣を通して、赤ちゃんの健やかな成長をはぐくむことの大切さを提唱するものです。そして本コンテストでは、赤ちゃんにとっての入浴や保湿の時間は単に体をきれいにするためだけではなく、水の音や泡の香り、輝く水しぶき、ママの手の感触などで五感をはぐくむ大切な時間であることをママやパパの愛情たっぷりの視点で表現した「バス育」写真を広く募ります。

ご応募いただいた方の中から合計1000名様に、“バス育モデル”として雑誌広告への登場やジョンソン®ベビー製品詰め合わせなど、素敵なプレゼントを贈呈いたします。


◆コンテスト概要

タイトル 「我が家のバス育」フォト&シェアコンテスト
応募期間 2015年7月13日〜2015年12月25日
第1期:7月13日〜9月30日 /第2期:10月1日〜12月25日
応募テーマ 第1期:「バスタイム」 第2期:「タッチケア」
応募方法 (1)ママのためのコニュニティサイトの掲示板「ママナビボード」に投稿で応募
(2)SNSでシェアして応募
写真投稿の条件 生後0〜36か月のお子さんがお風呂で「バス育」している写真
「我が家のバス育」エピソード
賞品 「バス育モデル賞」:雑誌掲載 合計16名、
「バスタイム大賞」:ジョンソン®ベビー製品詰め合わせ 合計20名
「バス育シェア賞」:ジョンソン®ベビーローション&オイルセット 合計200名 など
URL http://digest.beach.jp/mamanabi/basuiku/contest/外部サイト

参考情報

赤ちゃんの五感をはぐくむ「バス育」
五感に働きかける「バス育」習慣が赤ちゃんの健やかな成長を導く

ママのやさしいタッチやマッサージの習慣は、赤ちゃんのコミュニケーションや学習能力の向上など、脳の発達に極めて重要であるという研究結果があります。「バス育」で五感に働きかける毎日の習慣が、赤ちゃんにより健やかな心と体の発達をもたらします。「ジョンソン®ベビー」は、赤ちゃんの五感への働きかけと成長との関係について、さらに研究を進めています。

ふれあい
日々のやさしいタッチやマッサージは、赤ちゃんの身体、認知、情緒、社会性の発達によい影響を及ぼす、という研究結果が出ています。特にマッサージの習慣は、認識能力の発達、意識や注意力の向上につながることが分かっています。赤ちゃんとママとの情緒的な結びつきは、スキンシップによって育まれ、それが心と知能の発達の基礎となります。スキンケアの時間は、赤ちゃんにとってかけがえのない時間なのです。
におい
赤ちゃんは、ママのお腹にいる妊娠28週期からにおいを感じることができると言われています。慣れ親しんだ「ここち良いにおい」は、赤ちゃんの気持ちを整えたり安らぎを与えます。例えば、ママのにおいには赤ちゃんを泣き止ませる効果もあります。赤ちゃんは、他のどの感覚よりも早く嗅覚を使い、新しい世界を認識するのです。赤ちゃんにとってにおいは大切な存在なのです。

たくさん話しかけてもらった赤ちゃんは2歳までにより豊かな言葉や表現を身に着けると言われています。赤ちゃんのバスタイムには、たくさんの音が存在しています。シャワーの音や、ママの鼻歌や音楽など、様々な音は赤ちゃんの記憶力に関わる脳の部分に働きかけています。バスタイムのおしゃべりは、赤ちゃんにとって大切な学びの時間なのです。

「ふれあい」、「におい」、「音」などが、赤ちゃんに与える影響について、詳しい研究結果はこちらのサイトをご覧ください
「バス育のちから」:http://digest.beach.jp/mamanabi/basuiku外部サイト

※1
Peláez-Nogueras, Martha, et al. “Infants’ preference for touch stimulation in face-to-face interactions.” Journal of Applied Developmental Psychology 17.2 (1996): 199-213.

※2

本件に関するお問い合わせ先

報道関係者 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニー
コミュニケーションズ&パブリックアフェアーズ
TEL:03-4411-7188/FAX:03-4411-6190
お客様 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニー
お客様相談室 フリーダイヤル:0120-101110 (月曜日〜金曜日 9:00〜17:00※祝日を除く)

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017