企業情報

ホーム > 企業情報 > 企業市民としての理念・考え方 > 透明性に関する指針

企業情報

透明性に関する指針

医療機関並びに医療関係者の方々との連携活動から生じる利益相反の適切な管理への取り組みとして、高い倫理性と透明性を担保するための準備を進めています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

当社は、日本医療機器産業連合会(医機連)の「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」に基づき、以下のように当社指針を策定しましたので、ここにお知らせいたします。

(2012/10/01)

1. 指針策定にあたって

当社は、日本医療機器産業連合会(以下、医機連)の会員会社として、医機連で定める「倫理綱領」、「企業行動憲章」、「医療機器業プロモーションコード」および、医療機器業公正取引協議会が定める「医療機器業公正競争規約」とそれらの精神に従い、また当社のコアバリューである「我が信条」、社内規程およびポリシーに則り、高い倫理性を維持した企業活動を行って参りました。
今般、当社は、より高い倫理性を担保した企業活動を推進することを目的として、医機連の「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」に従い、医療機関・医療関係者等に関わる企業活動の情報を公開することにいたしました。

2. 公開方法

当社ホームページ等を通じて、前年度分の関連情報を公開します。

3. 公開時期

2013年度以降の関連情報を、翌年度の適切かつ可能な時期に公開します。

※ 公開対象については、下記URLの「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」本文をご覧ください。

日本医療機器産業連合会

ヤンセンファーマ株式会社

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017