企業情報

ホーム > 企業情報 > 社会的責任への取り組み > 中国四川大地震

企業情報

2008年

中国四川大地震

中国の四川省と陝西省を襲ったマグニチュード7.9の地震の発生後、中国国内と世界中のジョンソン・エンド・ジョンソンのカンパニーが直ちに製品と義援金の提供を行いました。各カンパニーは中国赤十字、ユニセフ、プロジェクト・ホープ(Project HOPE)やセーブ・ザ・チルドレン(Save the Children )と協力して緊急支援のニーズに対応し、また長期的な復興活動を支援しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンは長期目標として、基本的な医療インフラを再建し、震災で生じた外傷からの回復を目的とするリハビリテーション医学センターの開設、家を失った人々の生活再建や社員によるボランティア活動などを掲げています。また、ジョンソン・エンド・ジョンソン会長兼CEOのウィリアム・C・ウェルドンは米国政府との官民協力で中国の長期復興に向けた活動を行っています。

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017