Caring
働き方で知るJ&J
数字で読み解くD&I

女性社員1家族で渡米、キャリアの礎に

元イギリス人上司の勧めや多くの方のサポートによりグローバルなビジネスを経験するチャンスを得ました。当時、夫も会社を一年間休業できることになり、家族全員での渡米を決断。このことは、性別や子どもの有無に関わらず、平等にキャリアアップを後押ししてくれる社風をよく表しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンには色々な国や地域の方が働いるため、社員の数だけダイバーシティの在り方があります。会社としてそれぞれの国の良いところを取り入れ、多様性を認める意識が高いと感じています。

さらに詳しく

岩渕 有希
メディカル カンパニー

オーディオメーカーの企画営業を経て、2005年に中途入社。JJではSCMプランニングチームで数多くの新製品導入に携わった。2015年、上司の勧めで一年間LFSグローバル本社へ。夫、子ども二人とともに家族で渡米。

女性社員2働き方を自分で選べる環境

出産、育児、復職の一連の流れは、女性にとって大きなライフステージの転換期です。キャリア優先か、子育て優先か。二者択一ではなく、本人の意向に寄り添う会社の姿勢に感謝しています。また、自分のキャリアと子育ての両立を考えるうちにダイバーシティに貢献したいという思いを強くし、現在は通常業務に加えてWomen's Leadership Initiative (WLI)のメンバーとして女性の活躍や働きやすい職場作りを目指して活動しています。

さらに詳しく

山崎 ひとみ
メディカル カンパニー

2010年に入社後、営業として活躍。2014年に第一子を出産。復職後はマーケティング部門に異動。仕事と育児のペースがつかめてきた今年、キャリアアップを目指して新たな職務に参画予定。

女性社員3キャリアも、子育ても、しなやかに

現在、双子の男の子を育てながら、カスタマーサービス部門のマネージャーを務めています。ジョンソン・エンド・ジョンソンには、子育てに対する上司の理解はもちろん、同僚を支え合う風土が根づいていると感じます。育児休業明けに復職しにくい雰囲気も全くありません。自ら希望して早期に復職したものの、体力が追いつかずに風邪をこじらせて入院したり、子どもがぜんそくで入院したりと、体力的にも精神的にも厳しい時期がありましたが、職場の理解と支援のおかげで乗り越えることができました。

さらに詳しく

上原 史子
ビジョンケア カンパニー

1997年新卒入社。営業部、営業トレーニング部を経て、2004年に双子を出産、半年の育児休業を経て復職。現在はカスタマーサービス部門にてマネージャーとして活躍。

女性社員4マイナスではなくプラスに

「これからどんな働き方をしたいですか?」———育児休業中の面談で上司から投げかけられた言葉です。ジョンソン・エンド・ジョンソンには、働き続けるサポート、キャリアアップの背中を押す仕組みが企業風土として確立されています。子どもが生まれた後は、働き方に支障が出るのでは…と心配しましたが、理解ある上司や同僚のサポートで安心して復職することができました。私にとって「仕事+家事+育児」は負担がプラスオンされることではなく、人生を豊かに、そして働き方が広がるきっかけになりました。

さらに詳しく

武田 美樹子
ビジョンケア カンパニー

2008年に中途入社。営業職に従事。2014年に第一子が誕生。育児休業中に、夫の転勤により関東から関西へ転居する。会社や上司のサポートにより、関西での復職を果たす。

おすすめストーリー

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017