Johnson & Johnson

笑顔のそばに 患者さんたちのストーリー もう一度、夢を追い続けるために

Play Moive

ダンサーにはよくある痛み・・・そう思っていました

バレエを始めたのは3歳のとき。
踊る楽しさに魅せられて、いまでは私の人生そのもの。
でも、ある時、左足の股関節に違和感が・・・
ダンサーには足首や股関節の痛みはよくあること、
病院には行かずにマッサージなどのケアをしていました。

大好きなバレエが、もう踊れない?

「手術をしなくても治せるのではないか」という、
全く根拠のない自信があったんですね。
でも、痛みで思うように踊れないことが増えてきて、
家族もとても心配してくれていたので、
当時教えていた生徒さんの勧めで専門医を受診しました。

そして、股関節の手術を決意

それまで痛みを我慢し続けてきた私に、
初めてお会いした主治医の先生が、
「今までよく頑張ったね」と・・・

その時、この先生のもとで手術を受けたら、
もう一度お稽古できるかもしれないと、手術を決意。
その結果には、びっくりしました。

「生まれ変わった足」で私の夢はこれからも続く

手術のあと、自分が想像していた痛みがなかったんです。
まっすぐ立って足を前に出せることがすごくうれしくて、
思わず泣いてしまいました。

適切な治療を受けたことによって、
私の人生は劇的に変わりました。
もう一度ステージに立ちたい、という意欲も湧いて・・・
だから、「生まれ変わった足」を大切に、
元気な時間を取り戻せたことへの感謝を胸に、
これからも夢を追い続けたいと思います。

Love my Life ジョンソン・エンド・ジョンソンは、医療の未来に貢献することで、人々の大切な想いを応援し続けます。

※患者さんの治療の状態や痛みの感じ方などには、個人差がございます。

患者さんたちのストーリートップへ