Johnson & Johnson

腱板断裂(けんばんだんれつ)

肩の痛みについて

肩の痛みを引き起こす病気として、もっともよく知られているのは「四十肩・五十肩」ですが、病院で検査を受けてみると「腱板断裂」と診断されることがあります。
腱板断裂は、上腕の骨と肩甲骨とをつなぐ腱が切れてしまう状態です。
肩に強い痛みを感じる点は、四十肩・五十肩と似ています。ところが、四十肩・五十肩は自然に軽快することがほとんどですが、腱板断裂では肩に力が入りにくく痛みがいつまでも続くことがあり、適切な治療が必要となります。

正しく知ろう!腱板断裂(ムービー)

その痛み、本当に「四十肩、五十肩」ですか?

肩の専門医のいる医療施設一覧はこちら

肩に痛みを感じたり、家族が肩を痛そうにしているなら、改善につなげるために、以下の項目をチェックしてみましょう。

肩の違和感セルフチェック

自分は「四十肩・五十肩」という自覚がある
洗髪や整髪、服を着る際に腕や肩が思うように動かず、
不自由を感じることがある
腕を挙げたときに、肩のあたりでジョリジョリとした音がする
水平より上に、腕を挙げることができない
腕は挙がるが痛みを感じる
常に肩の周りが痛い
スポーツや事故などのケガから回復しても、
肩の痛みがなくならない
思いあたるきっかけも無いのに、肩に痛みがある
夜間に肩に痛みがあり、眠れないこともある
肩だけでなく、二の腕(上腕)にも痛みがある

上記項目に一つでも当てはまる場合は、病院で正確な診断と適切な治療を受けることをおすすめします。

肩の違和感セルフチェックシートのダウンロード

病院選びのポイント

腱板断裂が起きると自然に治ることはなく、裂けた部分が少しずつ広がり、肩の機能が低下します。家事や仕事など、日常生活への影響を防ぐためにも、病院で正確な診断と適切な治療を受けることが重要です。
病院選びのポイントは、一般的な整形外科よりも「肩の専門医」を選ぶこと。下の病院検索から、あなたの近くの「肩の専門医」を探してみましょう。

肩の専門医のいる医療施設一覧はこちら