Johnson & Johnson

不整脈 / 心房細動

はじめに知っておきたい心房細動のこと

心房細動とは

心房細動とは、心房といわれる心臓の上の部屋が小きざみに震え、十分に機能しなくなる不整脈の1つです。
動悸(どきどき)がしたり、めまいや脱力感、胸の不快感を感じたり、呼吸しにくい感じがしたりすることもありますが、自覚症状のない方もたくさんいらっしゃいます。加齢にともなって起こりやすくなるといわれていますが、働き盛りの若年の方にも起こり得る不整脈です。

適切な治療で生き生きとした、生活を手に入れましょう

心房細動自体は死に至る病気ではありませんが、放置しておくと「脳梗塞」や「心不全」を招くことがあり、注意が必要です。
心房細動は、適切に治療を行えば、症状を抑えるだけでなく、根治の可能性があります。適切な検査を受け、早期に治療することで、生活の質(QOL)の向上を目指しましょう。

心房細動が起こる理由

心臓には4つの部屋(右心房、右心室、左心房、左心室)があり、それぞれがポンプのはたらきをしています。心臓が正常に動いている場合、右心房にある洞結節から心臓を動かすための命令(電気信号)が規則正しく出され、房室結節を通して心臓全体に伝わり、心臓がポンプの役目を果たします。
しかし心房細動は、異常な電気が洞結節以外から発生して心房全体が無秩序に興奮する状態です。信号が左心房の一部などから発生したり、心房の中で回り続けたりしています。心室の動きも不規則となり、拍動が通常より増加し、1分間に100~150回程度となります。
心房細動が起こると、ポンプの力が低下し、血液が心房の中でよどんでしまいます。そのため、血のかたまり(血栓)ができやすくなります。この血栓が脳に運ばれると、脳梗塞を引き起こします。

心房細動の合併症

心原性脳梗塞

脳梗塞は、脳の血管が狭くなったり、つまったりして、脳に酸素や栄養が送られなくなるため、脳の細胞が損傷してしまう病気です。特に、心房細動では大きな血栓が脳まで運ばれ心原性脳梗塞を引き起こすことがあります。心房細動が引き起こす心原性脳梗塞では、他の脳梗塞よりも広い範囲の脳がダメージを受けるため、特に予防が肝心です。

心不全

心房細動によって心拍の速い状態が続くと、心臓の収縮機能が低くなってしまいます。全身に血液を送り出す心臓(ポンプ)の力が不十分になることを心不全といいます。心不全になると、日常生活が制限され、時に命にかかわることがあります。そのため、予防・治療が大切になります。

心房細動の治療の流れ

治療には、心房細動を起こしやすい病気の治療や原因の改善、心房細動自体を抑える薬の投与や、根治を目指すカテーテルによるアブレーション治療、また脳梗塞の原因となる血栓を予防するために血液をさらさらにする薬剤の投与などがあります。