Johnson & Johnson

糖尿病

「糖尿病」はどんな病気なのでしょうか?

糖尿病は血液中の糖分(ブドウ糖)が高い状態(高血糖)が続く病気です。
名前から「尿に糖が出る病気」と考えられがちですが、血液中のブドウ糖の量が問題なのです。

高血糖と合併症

糖尿病の初期にははっきりとした自覚症状はありません。
しかし高血糖状態がひどくなると、のどが渇く、トイレが近い、やせてくるなどの急性の合併症による症状がでてきます。

また長年にわたる慢性の高血糖状態は、少しずつ血管や神経に悪い影響を及ぼして様々な合併症の原因になります。

糖尿病の怖さはこの合併症にあるのです。

糖尿病のタイプ

糖尿病には大きく分けると小児や若年層に多い1型と成人に多い2型の2つのタイプがあります。

1型

自己免疫疾患やウイルスにより突発的に発症することが多く、遺伝的な関連は低いとされています。すい臓にあるインスリンを作り出す細胞が破壊されて、インスリンの分泌がほぼゼロの状態です。このため治療にはインスリン注射が欠かせません。

2型

日本では圧倒的にこのタイプが多く、生活習慣病でもあります。遺伝的要素も強いと言われており、近親者に糖尿病患者がいる場合は注意が必要です。

糖尿病はあなた自身が主治医です。

糖尿病は残念ながら、一度発症すると完全に治ることがありません。
しかし血糖値をコントロールすれば、健康な人と同じように過ごすことができ、合併症を防ぐこともできます。
では、糖尿病と上手に付き合うにはどうすればいいのでしょうか?

「血糖値」でわかる自分の状態

糖尿病の治療は高血糖状態を是正することです。
つまり、血糖値が適正な範囲に入るようにコントロールすることが基本です。これを血糖コントロールと呼びます。

では、血糖値とは何なのでしょうか?
ダイエットのときには体重が、高血圧のときには血圧が自分の今の状態を確認する際の目安になるように、糖尿病の患者さんにとっては「血糖値」がとてもだいじな目安になります。

血糖値はつねに変動しています

血糖値はつねに変動しています

参考資料:

糖尿病ハンドブック「糖尿病をよりよく理解するために」
ジョンソン・エンド・ジョンソン社 メディカルカンパニー ライフスキャン事業部 発行