Johnson & Johnson

セレノバス事業部

セレノバス事業部の新設を発表
~出血性および虚血性脳卒中の血管内治療における製品を提供~

 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカル カンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役プレジデント:日色 保)は、2018年1月1日付で「セレノバス事業部」を新設し、事業部長に生駒 康弘が就任したことをお知らせします。新設されたセレノバス事業部は、旧コッドマン ニューロバスキュラー事業部が扱っていた脳血管治療領域製品を引き継ぎ、今後も脳卒中の治療を必要とする患者様に提供していきます。

 2017年7月、ジョンソン・エンド・ジョンソン米国本社が、旧コッドマン & CMF事業部 ニューロバスキュラー部門で扱っていた脳神経外科血管内治療領域製品のブランド名を、CERENOVUS(読み方:セレノバス)へ変更したことを受けて、このたび日本でもセレノバス事業部を新設する運びとなりました。この事業部名は、ラテン語の「脳 (CERE)」と「新しい (NOVUS)」に由来し、脳卒中治療をさらに加速させることを使命としています。

 当社は今後も、セレノバス事業部を通じ、出血性および虚血性脳卒中の血管内治療における画期的なソリューションの提供に取り組んで行きます。

CERENOVUSについて

 ジョンソン・エンド・ジョンソン医療機器部門のCERENOVUSは、神経血管治療におけるグローバルリーダーです。脳卒中治療を共に加速させるという当社のコミットメントは、医師の皆様をサポートし、患者様に脳卒中による生涯の足かせを負わせない、という長年の熱意に促されたものです。CERENOVUSは、出血性および虚血性脳卒中の血管内治療における幅広い製品ポートフォリオを提供しています。

CERENOVUSのブランドロゴ:

製品に関するお問い合わせ

製品の取り扱い方法に対する質問・疑問などについて、Webサイトよりお問い合わせいただけます。

お問い合わせ

ご注文に関するお問い合わせ

セレノバス事業部製品のご注文は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

製品情報一覧へ戻る