企業情報

ホーム > 企業情報 > ジョンソン・エンド・ジョンソンの歴史 > 第20話

企業情報

ジョンソン・エンド・ジョンソン100年史

第20話企業イメージを作り上げたジョンソン®ベビーパウダー

ジョンソン® ベビーパウダーほど、ジョンソン・エンド・ジョンソンのイメージアップに貢献した製品があっただろうか。その名を聞いただけで赤ちゃんとお母さんのやさしい情景が浮かび、そのデリケートな香りは、あらゆるコンシューマー製品の中にあっても、すぐにジョンソン® ベビーパウダーと分かるものだった。

J&Jは、ジョンソン® ベビーパウダーの発売を機に育児分野でのビジネスを拡大していったが、これらの成功はジョンソン® ベビーパウダーが強く消費者に受けいれられたことが最大の要因だった。今後たとえ100年たってもJ&Jのジョンソン® ベビーパウダーは、逞しいバイタリティと販売力を発揮しながらあらゆる年代層からの絶対的な支持を得ていることだろう。

ジョンソン® ベビーパウダーが、消費者に本格的に受け入れられたのは発売から30年経った第一次世界大戦直後のことである。当時J&Jは、会社設立以来の大規模な広告キャンペーンを展開した。 あどけない笑顔の赤ちゃんが並んだ4色刷り広告を主要な家庭雑誌に繰り返し掲載した。何千というドラッグストアのディスプレイウィンドウには、赤ちゃんたちの拡大写真が飾られた。そして、店内のカウンターには次のように書かれたショウカードがお客様をお迎えした。

赤ちゃんには最高の製品を

あなたの赤ちゃんは、私たちの大切なお客様です。かわいい赤ちゃんの健康と幸せには最高のものだけが値します。このお店は赤ちゃん用品を購入されるお母様方から絶対の信頼をいただいております。ところで、あなたはJ&J製品と共にジョンソン® ベビーパウダーを使っていますか。赤ちゃんにとって、あなたにとっても最高のものを。

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017