企業情報

ホーム > 企業情報 > 環境・安全衛生への取り組み > 安全運転プログラム「SAFE Fleet」

企業情報

安全運転プログラム「SAFE Fleet」

安全運転プログラム「SAFE Fleet」は、ジョンソン・エンド・ジョンソンの従業員、家族および顧客を運転中の事故による負傷から守るための方策であり、3万5000人を超える世界中の従業員にサービスを提供しています。

営業部門のシニアマネジャーに対し、成果目標として社用車の安全に対する目に見える関与を行い、成果を挙げることを求めました。

2007年、ジョンソン・エンド・ジョンソンは世界保健機関(WHO)からの要請を受け、交通安全の改善の必要性に対する世界的な意識向上に努めるUnited Nations Road Safety Collaborationに参画した民間企業数社のうちの1社となりました。

日本における活動

日本のジョンソン・エンド・ジョンソングループでは、2,100人を超える従業員が車両を運転して日々営業活動を行っています。安全運転を企業文化にするために、座学、実車訓練、上司による同乗訓練、e-learningなどの様々な安全運転プログラムを実施し、着実にその成果を上げています。

実際に、日本における活動は数値にも表れてきています。走行距離100万マイルあたりの事故件数を表すAPMM(Accidents per Million Miles)を比較した場合、日本のジョンソン・エンド・ジョンソングループは、ジョンソン・エンド・ジョンソンの全世界平均よりも低いレベルを維持しています。

私たちは事故・違反ゼロを目指しています。

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017