企業情報

ホーム > 企業情報 > 社会的責任への取り組み > 日本の方々への支援

企業情報

2011年

日本の方々への支援

3月11日、東北地方太平洋沖で発生した大規模な地震とそれに伴う津波は日本に多大な被害をもたらしました。

ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、日本と米国のチームが震災の発生直後から24時間体制の活動を開始して救援活動で果たせる役割を検討し、被災された方々への支援、被災地の復興に中長期的にお役立ていただくために、義援金と医療・生活支援関連物資として当社の製品をあわせて12億円相当を寄付させていただくことといたしました(詳細)。

最良の支援が行えるよう、ジョンソン・エンド・ジョンソンはパートナー団体と協力し、状況の変化に応じたニーズの把握に努めてまいります。その一つが、日本赤十字です。ジョンソン・エンド・ジョンソンでは支援の第一の目的を災害復旧におき、ダイレクト・リリーフ・インターナショナル(Direct Relief International)、国際救援委員会(International Rescue Committee )、プロジェクト・ホープ(Project Hope)、セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)やワールド・ビジョン(World Vision )などのパートナー団体と共に活動しています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、被災した方々を援助し、彼らの必要とするものを満たすために今後もできる限りのことを行っていきます。

関連情報
東北地方太平洋沖地震へのお見舞いと支援についてPDF

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017