Caring
時を超えて、これからも笑顔のそばに
ヒストリームービー
Caring for the world, one person at a time もちろん、130年も生きていないけど、
“想い”は確かに受け継いでいる。

思いやりを大切に、命と健康に貢献してきた歴史。

大切な誰かを思いやる気持ちこそ、ジョンソン・エンド・ジョンソンの原点。
それは、どんなに時代が変わっても、決して損なわれることなく確かに受け継がれ、
創業以来130年の時を超えたいまも生き続けています。

日本に根ざしてからの半世紀も同じです。
命と健康に貢献する、医療従事者のパートナーとして、
患者さんのクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の向上を願い、
様々なことに挑戦してきました。

たとえば、みんなが安心できるよう徹底した品質管理を行うこと。
革新的な技術を生み出すために、患者さんの声に耳を傾けること。
新たな医療技術を学べる場を、多くの医療関係者に提供すること。
現状に満足せず、「いまが良いなら、未来はもっと良くしたい」という
情熱を胸に、様々なニーズに応え続けてきました。

その根底にあるのが、1943年に、当時の最高経営責任者である
ロバート・ウッド・ジョンソンJr.によって起草され、現在まで受け継がれてきた
ジョンソン・エンド・ジョンソンのコア・バリューである「我が信条(Our Credo)」です。
自らを律する行動規範として、社員一人ひとりに浸透し、
かけがえのない拠り所となっています。

時を超えて、これからも笑顔のそばに―――
人生に変革をもたらす革新的なアイデアや製品・サービスを提供することで、
人々の健康に貢献するために、私たちの挑戦はこれからも続きます

Johnson & Johnson FAMILY OF COMPANIES IN JAPAN ジョンソン・エンド・ジョンソンの歴史

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017