災害看護の未来へ。次世代が抱く想いに寄り添う。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 社会貢献委員会 伊藤 佐和 ヤンセンファーマ株式会社 メディカルアフェアーズ本部 坪井 圭子

災害看護の未来への想い

東北で看護師を目指す看護学生の能力育成とリーダーシップの構築を目的とした「TOMODACHI J&J 災害看護研修プログラム」。災害看護の発展と看護の未来を育み、次代へつなぐ“Caring”がありました。

3.11の経験を胸に8名の看護学生が渡米。 アメリカの災害看護を知り、 被災体験を語り継ぐ。

ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、地域貢献を企業が果たすべき責任の1つと位置づけ、さまざまな社会貢献活動を行っています。2015年に3年間のプログラムとしてスタートした「TOMODACHI J&J 災害看護研修プログラム」は、当社が継続的に行っている東日本大震災の復興支援の取り組みの一つで、日本の災害医療や看護の発展を目指し、次世代を担う人材を育む目的で始まりました。
1年目は、東日本大震災で被災した看護学生8名が、2週間にわたって米国で最先端の災害医療や看護を学び、ニューヨークとワシントンD.C.にある災害医療の専門施設や団体などで、医療従事者をはじめ、現地の学生等様々な人々との交流を通じ、研修に参加しました。また、具体的な研修内容として、単なる海外視察で終わるのではなく、現地で得た学びを共有する機会として、帰国後には仙台、東京、高知と3都市で報告会を開催し、同じ看護や医療の道を志す仲間や、既に活躍中の専門家の方々、そして一般の方々に広く伝え、今後の活動につなげる機会を設けるよう注力しました。

被災者へのケアと、災害支援者へのケア。 アメリカと日本の違いを学び、 良さを活かす。

参加した看護学生にとっては、この研修を通して、アメリカと日本の災害医療に対する考え方や取組みの違いなど、たくさんの気づきを得ることに繋がりました。例えば、アメリカでは被災者だけでなく、災害救護に携わる消防士や医療従事者など「ケアをする側」をフォローする体制も整っています。継続的な心のケアから救援活動中の生活、そして家族のケアまで、彼らが安心して現場に集中できる環境づくりが重要であることを理解し、システムとして確立している点に大きく感銘を受けていました。
そして、渡米直後は高揚していた学生たちも、アメリカ同時多発テロで実際に救助にあたった消防士や被災者家族、災害医療に携わった方々の話を聞き、被災体験を語り継ぐ大切さ、看護師としての使命感、災害時に必要な準備や心構えなどを学ぶうちに、どんどんと真剣な表情に変わっていきました。決定的だったのが、見学先の病院で「アメリカでは自分の考えや意見がない人は、一人前のプロとして扱われない」と言われた時でした。言語の違いや新しい体験の連続で大変だったと思いますが、ツアー後半には学生たちから2週間の研修で感じた色々な想いが自然に言葉となってあふれ出て、自ら積極的に発言し、質問するなど、取り組む姿勢が大きく変わっていったのが印象的でした。

未来に種をまき、芽吹かせ、次代へつなぐ。 看護に寄り添う“Caring”。

災害医療の現場で被災者に寄り添う看護師の想いや使命感は、ヘルスケアカンパニーとして人々の健康や暮らしに寄り添うジョンソン・エンド・ジョンソンの“Caring”の精神にも通じます。
これからの看護を担う学生たちに種をまき、芽吹かせ、次代につないでいくお手伝いをしていくことが私たちの願いです。彼らがゆくゆく看護の現場でリーダーシップを取っていくことで、災害看護や看護全体のより良い未来を創る原動力となる――そんな彼らの活躍に期待し、今後の成長を応援し続けていきたいと考えています。

災害看護の未来への想い
TOMODACHI 災害看護の発展と看護の未来を育む取り組み 2015年活動レポート

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017