Caring
医療の道を歩む、未来への一歩
笑顔のそばにトップへ戻る

Caring for the world, one person at a time 一人ひとりに寄り添う

Episode 8 「医療の道を歩む、未来への一歩」

憧れに近づく

ケガをしたとき、病気になったとき、 病院で出会う “お医者さん” 。 その“お医者さん”になることが、小さい頃からの夢だった。

ブラック・ジャックのことは、もちろん知っている。 マンガに登場する天才医師。

思い描く“お医者さん”とはずいぶん違うけど、 「ブラック・ジャック セミナー」と聞いて、 参加したい気持ちを抑えることはできなかった。

本物の手術着を着るは、もちろんはじめて。 ドキドキとワクワク・・・ でも、それ以上に身が引き締まる緊張感があった。

医療と生命を感じる体験

最先端の医療機器に触れる。 スマートフォンや携帯ゲーム機とは何かちがう、特別な感触。 これが命に関わる感触なんだ、と徐々に実感がわいてきた。

「手術縫合」「超音波メス」・・・。 耳慣れない言葉が体の芯に響いてくるリアルな体験。 いつしか、イメージしていた“お医者さん”は、 医師という、より大きな存在になっていた。

夢に向かって、想いを新たに

命を救いたい。でも、人の命を預かることの重みも受け止める。 それがブラック・ジャックに象徴される医師という仕事なんだ、と思う。

そして、うれしくなった。 医師という未来を体験できる、 そんな機会を与えてくれたことに。

医療の道を歩む、未来への一歩。

ブラック・ジャックの背中を追いかけて、

これからも進み続けたい。

Caring for the world, one person at a time 世界中の人々に寄り添う

医療の想いを次世代につなぐ、その意志を語る もう一度はじめから見る
Caring for the world, one person at a time
医療の道を歩む、未来への一歩。
ブラック・ジャックの背中を追いかけて、
これからも進み続けたい。
将来、医師などの医療に関連する仕事に就くことを夢見る子供たちが、
その未来に向けた最初の一歩として「ブラック・ジャック セミナー」に参加する。
本物の手術着を身につけて、様々な医療機器の操作を体験。
命を救うこと、人の命を預かる重みに少しだけ触れて、
医師という仕事について想いを新たにする。
彼らはきっと、ブラック・ジャックの背中を追いかけて、これからも進み続けるだろう。
社員が語る 医療の想いを次世代につなぐ、その意志
ブラック・ジャック セミナー 「ブラック・ジャック セミナー」100回達成記念特集

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017