笑顔のそばにトップへ戻る

チーム医療の一員として、 ジョンソン・エンド・ジョンソンができること。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 プロフェッショナルエデュケーション 押谷 昌之

医療従事者のパートナーとしての想い

一人ひとりに寄り添い、皆さまの健康に貢献したい―― その想いを実践する取り組みの一つとして、ジョンソン・エンド・ジョンソンは、医療従事者に医療機器の安全で適正な使い方を知っていただく、プロフェッショナルエデュケーションに注力しています。

ドクターの情熱とジョンソンの夢と。 ともに学び、深め、医療の未来へつなぐ。

医療機器の高度化・複雑化が進み、患者さんの負担が少ない治療へのニーズが社会的に高まる中で、医療従事者には常に技術向上が求められています。いかにリスクを減らし、患者さんのクオリティ・オブ・ライフ(QOL)向上に貢献するか。ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、最先端医療機器の安全で適切な操作や手技を身に付ける専門のトレーニング施設を設立し、日本で20年以上にわたって医療従事者に向けたプロフェッショナルエデュケーションの活動に取り組んできました。1992年に須賀川の「メディカル イノベーション インスティテュート オブ テクノロジー(MIT研究センター)」を設立、2014年には神奈川県川崎市に「東京サイエンスセンター」が加わり、これまでの参加者は延べ5万人以上、国内外の多くの医療従事者から注目をいただいています。 すべての医療従事者が最先端医療を実践的に学べる仕組みを新たにつくる―― それは、一人でも多くの患者さんを救いたいという“想い”に応えるために、医療に携わる私たちが辿り着いたひとつの答えでした。

「場」の提供だけではない。 双方が医療のプロだから生まれる価値。

両施設では高度な医療機器を設置し、病院の手術室や検査室を再現した環境で手術全体を学べる実践的なトレーニングを行っています。また、当社の医療機器や器具だけでなく、医療の現場にとって最も役立つ技術習得の場となるよう、他社製品も取り揃え、メーカーの枠を超えた体制を整えています。
最大の特徴は、ただの「場」の提供ではないこと。社内には手術の流れや解剖の知識など、医療の現場を知る「テクニカル・コーディネーター」がいて、チーム医療の課題に様々な角度からアプローチする提案を行っています。提供する側の我々が、医療に対する総合的な知識・理解を持ち、高い志を持った医療従事者たちが集う。双方が医療のプロフェッショナルだからこそ生まれる質と価値がここにはあります。

「あなたも医療チームの一員だ」 医師たちとともに 歩む活動の先にあるもの。

診療をする医師がいる。看護師をはじめとするコメディカルスタッフがいる。医療機器を提供する医療メーカーがある。そのすべてが、みんなで医療を底上げしていくのだという情熱と使命感でつながっています。
「あなたもチーム医療の一員だ」―― トレーニングの参加者からいただいた忘れられない言葉です。感謝と同時に、医療の発展に向けてこれからも共に歩んでいきたいという想いを、より一層強く感じました。今後も医療現場とのコミュニケーションを図り、医療機器の適正な使用を推進し、患者さんが高度な医療をより安全に受けられるよう支援を続けています。

災害看護の未来への想い
PROFESSIONAL EDUCATION 医療従事者のパートナーとして

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017