Caring
革新を安心へとつなぐ挑戦

Caring for the world, one person at a time 一人ひとりに寄り添う

Episode 5 「革新を安心へとつなぐ挑戦」

挑戦へと駆り立てた想い

みんなで学べる仕組みを、新たにつくる。 それは、患者さんの役に立ちたい、という想いから生まれた ひとつの答えだった。

たとえば、命を救うための手術で、 新しい医療機器や技術が役に立ってほしい、 と想い続けている。

革新的な医療技術は、きちんと使いこなせてこそ、 はじめて患者さんにとって意義があるもとのなる。 そのためにも、安全に広めていく場が必要と考えた。

理想に向かって歩む

プロフェッショナルエデュケーション。 たった2つの手術台からはじまった歩みは、 20年間で累計5万人を超える医療関係者に利用されている。

医療のプロが集う場所だからこそ、 より慎重に、確実に。 みんなが正しく理解することで、 革新を安心につなげたい。

そして丁寧に、わかりやすく。 実践を交えたコミュニケーションから、確かな理解へ。 そういう責任を果たすことで、 患者さんの役に立てるのだと思う。

感謝と誇りを胸に

誰もが、命と健康のために頑張っている。 そこに協力することで、「あなたたちもチームの一員だ」 と言っていただける歓びがある。

医療の未来へ。

命と健康に寄り添うパートナーとして、

理想に向かって今日も、明日も、

挑戦し続ける。

Caring for the world, one person at a time 世界中の人々に寄り添う

医療の想いを次世代につなぐ、その意志を語る もう一度はじめから見る
Caring for the world, one person at a time
医療の未来へ。
命と健康に寄り添うパートナーとして、
理想に向かって今日も、明日も、挑戦し続ける。
プロフェッショナルエデュケーション。
それは、新しい医療機器や技術が医療関係者や患者さんの役に立ってほしい、
という想いからはじまった、ひとつのカタチ。
誰もが、命と健康のために頑張っている。
そこに協力することで、チーム医療を支えたい。
その歓びを胸に、これからも純粋に医療に貢献し続ける。
社員が語る 明日の医療に貢献する想い
PROFESSIONAL EDUCATION 医療従事者のパートナーとして

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017