TOMODACHI J&J 災害看護研修プログラム
笑顔のそばにトップへ戻る
東北における看護学生の能力開発、リーダーシップの育成を図る「TOMODACHI J&J 災害看護研修プログラム」を実施

災害医療の未来を担う人材育成を目指して

『TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム』は、ジョンソン・エンド・ジョンソンが掲げる行動規範「我が信条(Our Credo)」の地域社会に対する責任の取り組みの1つとして行っている看護学生支援プロジェクトです。公益財団法人 米日カウンシルージャパンと在日米国大使館が主導する官民パートナーシップ「TOMODACHIイニシアチブ※1」の教育を通じた被災地復興支援に賛同し、2015年から2017年までの3年間にわたり、東北の災害医療を専攻する看護学生の専門知識の深化、次世代を担うリーダーシップの育成を目的として実施されています。

米国で最先端の災害医療や看護に触れる

本プログラムは、主に①事前セミナー、②米国スタディーツアー、③事後セミナー・報告会で構成されています。第3回を迎える今年は、厳正な審査で選ばれた岩手、宮城、福島出身の看護学生8名が2017年8月5日から20日まで約2週間渡米し、ニューヨーク、ニュージャージー、ワシントンD.C.の3都市を訪問。災害医療や看護を専門とする施設の見学や災害時のシミュレーション訓練のほか、アメリカにおける医療体制や、現地での生活に準じた医療やケアなどについて学びました。帰国後も米国で得た学びを基に活動を行い、12月には最終報告会を開催する予定です。

心に寄り添う“ケア” 参加者の気づきと学び

米国滞在中、参加学生は東日本大震災の体験を伝え、9.11などで被災した人々の話を伺い、被災者の心に寄り添う“ケア”の大切さについて学びました。またワシントンD.C.の病院では最先端の災害医療や患者輸送時に使うヘリポートを見学、さらに3年目にして初めて訪問した米国有数の名門・ジョージタウン大学では、エビデンスに基づく災害時ケアについて講義を受けました。災害発生時における看護師の重要性を様々な観点から学んだ参加学生たちは、将来の医療従事者としての役割を果たしていきたいという決意を新たにしていました。ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、地域社会への看護領域における復興支援と、日本国内の災害医療・災害看護の普及と発展に貢献するために、今後も看護学生の育成サポートに取り組んでまいります。

※1 TOMODACHIイニシアチブ
TOMODACHIイニシアチブは、東日本大震災後の復興支援から生まれ、教育、文化交流、リーダーシップといったプログラムを通して、日米の次世代のリーダーの育成を目指す公益財団法人 米日カウンシルージャパンと東京の米国大使館が主導する官民パートナーシップで、日本国政府の支援も受けています。日米関係の強化に深く関わり、互いの文化や国を理解し、より協調的で繁栄した安全な世界への貢献と、そうした世界での成功に必要な、世界中で通用する技能と国際的な視点を備えた日米の若いリーダーである「TOMODACHI世代」の育成を目指しています。
ホームページ  http://usjapantomodachi.org/ja/外部サイト

TOMODACHI

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2017